内容は悪くない!|名古屋 1-0 磐田

行ってまいりました、豊田スタジアム

内容的には今シーズンBest!?

先週のダービーの敗戦のショックから、行こうかどうしようかメチャ悩んでしまった私。
でも悩んだ時は行くべし!ということで遠征♪

190420豊田スタジアム外観

190420豊田スタジアム外観

会場はパロマ瑞穂ではなくて豊田スタジアム。
隣の豊田大橋と合わせて、あの世界的建築士の黒川紀章氏がデザインした、なんともアートな形状のスタジアム。

ゴール裏椅子席からの眺め|豊田スタジアム

ゴール裏椅子席からの眺め|豊田スタジアム

サッカー専用のスタジアムなので、とーっても見やすいスタジアム。

攻めの姿勢は見えた

豊田スタジアム

豊田スタジアム

何せ今シーズン好調の名古屋、対する磐田は1勝しかしてないし、正直なところ、何点取られることやら...なんて不安に思いながらの試合前。

入りは悪くない

連続ゴールのロドリゲスが先発。そして左サイドにはエレンが今シーズン初先発
↑この判断は大正解じゃないでしょうか。ここ数試合で非常に怖い存在の二人です。

当初の不安はどこへやら、攻める姿勢を見せるジュビロ。ファーストシュートはロドリゲス。このシュートを打つ姿勢が今まで見られなかったので、ひょっとしたら…の期待を感じてしまいます。

言うまでもなく名古屋は非常に怖い、強いチームです。
ジョーはもちろん、ジョアン シミッチにガブリエル シャビエル、長谷川 アーリアジャスール...メンバーを見ても、怖い怖い。

そんな名古屋相手にしっかり攻撃しています。
相手の攻撃を耐えるのではなくて積極的に攻撃する姿勢を見せ、シュートを打つ姿勢が見えました。
田口の直接FKはゴールの枠に飛んでいたし。GKにクリアされたけど、こういうのがあるんだよ、って伝わるだけでも相手に与える心理的効果って大きいもんね。

そんなこんなで前半は0-0の折り返し。悪くないですよ、この展開。

後半も攻めてた!

両チームともに、ハーフタイムでの選手交代はなく後半開始。
後半に入っても、エレンやアダイウトンからパスを受けたロドリゲスがシュート、なんて場面がいくつか見られましたし、それなりにパスもつながっていました。
この展開って、今シーズンのベストゲームじゃないかなー、なんて感じながら見てました。

でも...後半25分
CKのこぼれ球をしぶとくつなぐ名古屋。そこからゴール前に山なりのボール。それを大南琢磨が空振り...すかさず詰めてヘディングでカミンスキーの頭を超える、これまた山なりのボール...無情にもゴールの中へ...名古屋が先制

うーん、一瞬の隙をつかれましたね。でもこの隙を見逃さないのが名古屋です。
取れるときに取れない磐田、一瞬のチャンスを逃さずものにする名古屋、その差が出てしまいましたね。

でもそこで下を向かずに攻め続けるジュビロ。
こ・こから はじーまーる~ いわたのはんげき~♪
チャンスはありましたよ、いくつかね。

アディショナルタイムには途中出場のムサエフが右サイドの敵陣深くからクロスを供給、それをロドリゲスがフリーの状態でヘディングシュートを放つも、クロスバーに当たってゴールならず...ボール一つ分なんですけね...。

敗戦は痛いけど

試合結果|名古屋 1-0 磐田

試合結果|名古屋 1-0 磐田


名古屋グランパス 10 ジュビロ磐田
結果として勝ち点は一つも積み上げることができず、ゼロでした。ゴールも生まれませんでした。ここまで8試合戦って1勝しかできていません。

でも、内容は悪くなかったと思います。負けても試合後、選手に拍手を送れた自分がいました。
この内容を続けることができれば、結果はついてくるのではないか、そう感じることができた一戦でした。

と言いつつも...
目指せ、残留!!