激闘の108分!川崎との死闘を制して勝ち点3!!!|川崎 4-5 磐田

J1リーグ第2節は関東アウェイ。3点リードを追いつかれ、再度リードもまた追いつかれ、最後の最後にジャメがPK決めて勝利。試合後は祝勝会♪

フライデーナイトJリーグ

明治安田J1リーグ、第2節は関東のアウェイ。
Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsuに乗り込んで、川崎フロンターレに挑む一戦。

関東の、しかも川崎の試合、なんとしても行きたい!
しかし...私の職場、第一金曜日は重要な会議、しかもこの日は18時まで打ち合わせで...観戦断念。
なんで土曜日じゃないの?日曜日じゃないの??と、涙したのですが

でも、祝勝会くらいは参加したい!ということで、18時にミーティングが終わったと同時に飛び出し急いで帰宅。ササッと着替えて荷物を持ち、いざ仙台駅へ。
18:57仙台発はやぶさに乗り込んで、東京へ。東京駅に着いたのが20:32、横須賀線に乗り換えて武蔵小杉へと向かったのでした。

激闘・死闘の108分

スタメンを見てみますと...

先発メンバー
GK 1 川島永嗣
DF 50 植村洋斗
DF 6 伊藤槙人
DF 36 リカルドグラッサ
DF 4 松原后
MF 25 中村駿
MF 7 上原力也
MF 14 松本昌也
MF 10 山田大記
MF 37 平川怜
FW 11 ジャーメイン良

前節からの変更は一人のみ。レオゴメスが外れて、中村が入る布陣。

試合はいきなり動きます。
前半6分に植村が左サイドからの流れ弾を収めて、ペナルティエリア右から左足でゴール左下に決めて先制。

前半18分には平川のプレスからボールを奪い、左サイドの松原からのクロスにほぼフリーでペナルティエリア中央でジャーメイン良がヘディングで決めて追加点。

さらに前半29分にも左サイドでポンポンッとボールを巧くつないで、最後はジャーメイン良がペナルティエリア中央から左足でゴール右下に決めて、なんと30分で3点ものリード。

でもね、相手は競合川崎フロンターレ、黙っちゃいませんよ。
前半36分にこぼれ球に反応したエリソンがペナルティエリア右から左足でゴール左下に決めて、まず1点を返して、このまま前半終了。

後半10分に川崎のコーナーキック。キッカーの瀬古がボールを蹴り込むと、反応したエリソンがペナルティエリア中央からヘディングでゴール左下に決めて1点差。
後半14分の攻撃では、ゴール前の混戦からこぼれ球に反応したマルシーニョがペナルティエリア中央から右足でゴール左下に決めて、ついに3-3の同点に...

こうなっちゃうともう川崎の勢いが凄いワケですよ、怖いワケですよ。
でもね、下を向かなかったの、ジュビロ磐田の戦士たち。

後半35分にパスがつながってペナルティエリア中央でジャーメイン良が倒されてPK獲得。
蹴るのはもちろん、倒された本人。ジャメがきっちりPKを左上に決めて、4-3とリード。

でもこれで終わるとは思えない雰囲気、まだ何が起こるかわからない!?

後半40分には川崎にPKを献上してしまい、キッカーの山田新がペナルティエリア中央から右足でゴール左上に決めて再びの同点...

後半52分のジュビロ磐田の攻撃。
ジャメが川崎DFを振り切ってゴール...と思ったら、その前の流れで川崎DFにハンドがあったとのVARの判定でゴールは取り消してPKに。
でも落ち着いて決めました、ジャーメイン良! ゴール左に蹴り込んで三度目のリード。

長い長いアディショナルタイム。
私が武蔵小杉駅に着いたの、21:00を回っていましたが、速報見たらまだ試合中でした。
そして、試合終了のホイッスル!

試合結果|川崎 4-5 磐田

試合結果|川崎 4-5 磐田

川崎フロンターレ 4-5 ジュビロ磐田
(Goal:植村洋斗, ジャーメイン良4(2PK))

ホントに激闘、ホントにホントに死闘でしたよ。
VARによる泣き・笑いはありましたけど、とにかくJ1復帰後初勝利を飾れたこと、勝ち点3を積み上げることができたこと、大きいと思います。
試合後は新丸子で祝勝会。やっぱり勝利の美酒は美味しいです♪
スタジアムで観戦された皆様、祝勝会に参加された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした~🎵

チョッピリ宣伝

私のX(Twitter)に祝勝会の乾杯写真をアップしまして、そこで真っ先に「いいね!」してくださったのが、落語家で二つ目の三遊亭美よしさん。
昨年、二つ目に昇進した、新進気鋭の噺家さんです、名前だけでも覚えていただければ幸いです。

三遊亭美よし @i_am_miyoshi344 X(Twitter)
三遊亭美よし(@i_am_miyoshi) • Instagram
↑SNSなど、フォローしていただければと。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる