Braveなら「Tip Jar」なんぞなくっても、投げ銭できるんじゃー!

Twitterが投げ銭機能を搭載

今、巷を賑わしている、このニュース。
Twitter、投げ銭機能「Tip Jar」を開始 数タップでPayPalなどからチップを送金可能

米Twitterは5月6日(現地時間)、応援したいアカウントに直接送金できる“投げ銭”(チップ)機能「Tip Jar」(チップを入れる瓶のこと)の提供を開始したと発表した。

ついにTwitterにも投げ銭機能が追加されるようです。最近、増えてますよね、投げ銭機能
ライブ配信なんかでも、応援したいライバーさん、アーティストの方に直接応援できるように投げ銭(チップ・寄付)できるようなシステムが構築されているところ、少なくありません。

今のところ、チップを受け取れるのはまだ一部のクリエイター、ジャーナリスト、非営利団体などに限られているようですが、提供範囲は段階的に拡大していく計画なんだそうです。

チップ制機能「Tip Jar」のご紹介
Twitterの発表によりますと、

この機能はTwitterを通してではなく、Bandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoといったサービスを通して直接決済されます。

とのことです。

投げ銭できるブラウザ「Brave」

今のところ、上記のTwitterの投げ銭機能、英語版の公式モバイルアプリで提供とのこと。これも恐らく、徐々に拡大していくのでしょうね。
とは言え、いずれにしてもTwitterのアプリを入れる必要があるということなのでしょう。
あとはBandcampやPayPalなどのアカウントも取得する必要がありますね。

ところで皆さん、既にTwitterアカウントに投げ銭できるシステムが存在している、ってご存知でした?
このサイトでは何度か紹介していますブラウザの「Brave」が正にそれ!なんです。

投げ銭を受け取るためには、サイトの管理人が「Braveクリエイター」として登録される必要があるのですが、既に私、登録済みです。
例えばPC版のBraveで私のTwitterアカウントを表示させてみますと...

Twitterアカウント

Twitterアカウント

こんな感じで「△チップ」なんてのがありますでしょ? この表示が出てきたらBraveで投げ銭を受け取れるサインです。
これをクリックすると...

BraveでTwitterから投げ銭

BraveでTwitterから投げ銭

こんな画面が出てきますので、ここで投げ銭(チップ)の額を選択すればOKです。

この投げ銭機能はTwitterだけでなくて、通常のウェブサイト、YouTubeチャンネル、Twitchチャンネル、Vimeoチャンネル、Reddit、Githubにも対応しています。
つまり、Twitterの投げ銭機能よりも反応性が高いんです。

関ジュビのトップページ

関ジュビのトップページ

このサイト「関西ジュビリスト」もチャンネル登録してあります。
サイトの場合は、アドレスバーの右側、三角形のとなりに点(チェックマーク)が表示されたら、投げ銭を受け取れるサインね。
このレ点をクリックすると、

関ジュビはBrave認証クリエイター

関ジュビはBrave認証クリエイター

「レ Brave認証クリエイター」って出てきましたでしょ?

「チップを送る」をクリックすると、

関ジュビは投げ銭受付中です

関ジュビは投げ銭受付中です

先ほどのTwitterと同じく、投げ銭(チップ)をするバナーが表示されます。

Braveならプライバシーも安心

Twitterの投げ銭機能「Tip Jar」で投げ銭を送るためTwitterの公式アプリをインストールする必要があります。
Tip Jarで投げ銭を受け取るためには、アカウントが登録される必要があります。

Braveの投げ銭機能を利用するには、Braveをインストールする必要があります。
Braveで投げ銭を受け取るには、Braveクリエイターに登録される必要があります。

で、どっちが良いの?って話になると思うんですけど、可能であれば、両方登録しておくのが良いんじゃないでしょうか。
いろんな手段が使えた方が便利ですからね、投げ銭するのも受け取るのも。
Tip Jarがどれだけ一般人まで開放してくれるのか、わかりませんが。

ぶっちゃけた話が、手間暇としてはTwitterアプリを入れるのも、ブラウザとしてBraveをインストールするのもどちらも大して変わりませんよね。
↑あくまでTwitterで投げ銭をする・受け取る、っていう前提での話です。

Braveの投げ銭機能は、かなり前から稼働しているので実績充分。
おまけにBraveはブラウザとしても優れています。

細かい説明はここでは端折りますが、Brave不要な広告を表示しないので表示速度が速いという大きなメリットがあります。
“不要な広告”というのは、トラッキング(Webサイトを訪問したユーザーの行動を把握すること)をする広告のことで、ブラウザにおけるユーザーの行動(閲覧履歴など)がやりとりされないから、プライバシーも安心♪

いろいろプラスアルファがあるから、Braveの方がおすすめ!
と私は思います、ハイ。

巷で噂のブラウザ「Brave」の評判を確かめてみた
ついに!次世代ブラウザBraveとbitFlyerの連携開始!
Braveについて詳細な情報を得たいという方は、上記ページもお読みいただけたら幸いです。

徐々に注目され始めているブラウザ「Brave」、おすすめですよ。

こちらから、ダウンロードできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする